グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  お知らせ >  イートンカレッジ・ハロースクール訪問のご報告

イートンカレッジ・ハロースクール訪問のご報告


この度は、世界的にも歴史あるイギリス2大パブリックスクールへ訪問した際のご報告をさせていただきます。
パブリックスクールとはイギリス英語から全寮生の私立中高一貫校を意味します。本校と似た環境や教育理念が合致し、今夏から新たに国際交流校として関係を続けていきます。

①イートンカレッジ

学校は約600年前、日本の室町時代にあたる1440年に創立されました。歴史の深さを物語る圧倒的な格式の高さがあり、最古の教室には歴代首相の落書きが散見されました。また、ウイリアムズ王子・ヘンリー王子もここを卒業し、その名前が刻まれていました。過去の戦争ではパブリックスクールの中で最も多くの卒業生が戦死しており、トップエリートこそが率先して国のために尽くすという考えがあります。戦死した卒業生を称え、校内には慰霊碑が建てられています。
生徒は奨学生と通常の学生に大きく分けられています。奨学生は100名程度であり難関中の難関です。彼らは燕尾服とシルクハットを着用しており、そのことを名誉に感じています。その他の生徒は敷地内にある下宿から通学しています。授業料は年間800万円ほど。徒歩圏内にウインザー城・テムズ川があり、大変美しいです。治安についてはロンドンから距離があり問題ありません。
今年度から静岡聖光学院の生徒をサマースクールに参加させること、2019年のラグビーチーム初来日についてはラグビー交流のメインホスト校として交流することを決定しました。なおサマースクール参加生徒は奨学生にしか使用が許されていない食堂等を使用させていただき、実際のイートンの先生方からの講義を受けます。主に英語の日記指導等を通じて正しい英語について指導を受けます。各種アクティビティ・観光も予定されています。

決定事項
・イートンカレッジサマースクールの受け入れ(2018年)
・イートンカレッジ来日交流受け入れ(2019年)
イートンサマースクールについては、静岡県では初。今後も静岡県内の学校を指定する予定は無いとのことです。

図書館

現在も使用されているイートン最古の教室

柱には歴代首相の落書きも

寮対抗イートンフットボール決勝戦観戦の様子

奨学生のみが使用を許されている食堂(サマースクール生も利用できます)

イートンの生徒が生活する寮

ジョージファシー氏と星野副校長

②ハロースクール

イートンカレッジと肩を並べるパブリックスクールであり、ウィンストンチャーチル元首相の母校として有名です。この学校のサマースクールの内容が想像以上に魅力的でした。午前少人数英語学習・午後課外活動(サッカー・ゴルフ・テニス・ラグビーどれも強い+語学をさらに磨きたいなら演劇クラブがお薦め)のプログラムに世界各国の生徒が参加します。日本人参加数は全体の全参加者の10%までと制限があります。2019年度から参加決定しました。
また、2019年のハロースクールラグビーチーム日本ツアーに静岡聖光学院も組み込まれることが決定しました。2019年はイートン・ハローという2大パブリックスクールが来校することになります。立地はロンドン郊外の丘の上であり、本校に良く似ています。


決定事項
・ハロースクールラグビー来日ツアー(2019年)
・ハロースクールサマースクール参加(2019年)

生徒は常に麦わら帽子を被って外出します

大講堂

学生時代のウィンストンチャーチル元首相

学校紹介パンフレット

部活紹介、様々なスポーツが盛んに行われている