グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  聖光見聞録 >  聖光見聞録961〜980

聖光見聞録961〜980



七夕【聖光見聞録968】

昨日は七夕でした。ここ連日、天の川が全て地上に降り注いだのではと思うような大雨です。
寮では、今週初めて全員が顔を揃えた中学1年生が七夕の飾りを作ってくれました。

彼らはまだまだ4月のような状態で、寮生活へのワクワクとちょっぴりの心配を抱きながら、それぞれの願いを短冊に書き入れていました。ようやく仲間と過ごせ始めた寮生活、彼らの素敵な時間になっていくことを願います。
投稿:寮教員

”あなたは野菜を愛していますか?”株式会社マイファーム 代表取締役西辻一真さん【聖光見聞録967】

画像をクリックすると記事に移動します

体験農園・学校運営・小売を通して、自分で作って自分で食べることのできる社会「自産自消」の実現を目指し活動されている西辻さんに生徒がインタビューをしました。本校の片隅にある小さな無農薬農園「キャキャロット」にも通じる農業の素晴らしさをお伝えします。

はじまりの雨【聖光見聞録966】

本日より、全員登校が始まりました。初日の今日はあいにくの大雨でしたが、それでも生徒たちは嬉しそうです。そんな中、今日初めて顔を合わせる中学1年生はまだまだ緊張の面持ちです。朝のホームルームもとても静かな雰囲気です。
夏休みまで後少し、まだまだ慣れない中での学校生活応援しています!
投稿:理科科教諭

小学生の為の英語絵本 最終編Tommy Visits The Forest【聖光見聞録965】

最終版「Tommy Visits The Forest」がリリースです。
本校英語科のイーサン先生が英語を楽しんで欲しい、学びを止めて欲しくないという思いから小学生の為に手作りの絵本を作成してくれました。キャラクターもイーサン先生手作りです。

Everything is fun, but only if we make it fun. I hope my books will make reading English fun for you.
何事も楽しいと思ったら楽しい。この本で英語を楽しんでもらえたら嬉しいです。
投稿:英語科教諭

小学生の為の英語絵本 続編【聖光見聞録964】

昨日に引き続き、続編版「How are you Tommy ?」です。
本校英語科のイーサン先生が英語を楽しんで欲しい、学びを止めて欲しくないという思いから小学生の為に手作りの絵本を作成してくれました。キャラクターもイーサン先生手作りです。この本は県内の小学校に配布させていただきました。

↓YouTubeで絵本を音声付きで見ることができます。


Everything is fun, but only if we make it fun. I hope my books will make reading English fun for you.
何事も楽しいと思ったら楽しい。この本で英語を楽しんでもらえたら嬉しいです。
投稿:英語科教諭

小学生の為の英語絵本① Tommy Big and Small【聖光見聞録963】

本校英語科のイーサン先生が英語を楽しんで欲しい、学びを止めて欲しくないという思いから小学生の為に手作りの絵本を作成してくれました。キャラクターもイーサン先生手作りです。この本は県内の小学校に配布させていただきました。
YouTubeで絵本を音声付きで見ることができます。

Everything is fun, but only if we make it fun. I hope my books will make reading English fun for you.
何事も楽しいと思ったら楽しい。この本で英語を楽しんでもらえたら嬉しいです。
投稿:英語科教諭

”とりあえずITやっとけ!”【聖光見聞録962】

画像をクリックすると記事ページに移動します。

BURNIN' 第2回目はライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介氏へのインタビューです。本校も夏季期間中にITプログラミングキャンプをライフイズテックさんと行いました。参加した生徒も何度もこのキャンプに参加しています。
テクノロジー教養のある少年を育てていくことがこれからの未来を切り開く鍵です。ぜひご覧ください!
投稿:事務職員

少年から青年へ【聖光見聞録961】

まだ今後の状況次第ですが分散登校がいよいよ終わりを迎えようとしています。
毎年、夏休みが明けた時に「すごい背伸びたね!」「声変わりした?」など生徒に声を掛けることが多かったですが、今年は3ヶ月も生徒に会えませんでしたので、その成長ぶりに驚いてしまいました。まさに少年から青年に。久々に会った仲間同士でも同じことを感じたのではないでしょうか。
投稿:数学科教諭