グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  進路・進学 >  授業・学習について

授業・学習について


これから先必要になる20世紀型+21世紀型の学び

本校ではたくさんの知識を獲得し、基礎学力を構築することを目的とする20世紀型の学びと、論理的に思考し、獲得した知識を活用できる力を身につける21世紀型の学び、異なる2つの型によってかたちづくられています。論理的思考のプロセスを体得しながら、学ぶ楽しさに目覚めるきっかけとなる「授業」を中心に据え、知識の定着、基礎学力の向上をサポートする「学習支援プログラム」も同時に展開し、6年間の学びのベースを築いていきます。

ICT環境とオンライン授業

2020年3月、新型コロナウイルス感染拡大により、全国で一斉休校措置が取られるなど、今まで変化の少なかった教育が一気に変わろうとしています。本校のICT環境はオンライン授業という新しい選択肢に加え、リアルな授業でもオンラインを活用とした学校のオープン化を促進しました。
分散登校後、学校機能のオンライン化をさらに進化させようと、有志教職員チームがクラウドファンディングを利用した「未来の教室プロジェクト」が始動。
教室に2台のカメラを設置、天井カメラは先生と黒板を、前方テレビモニター上のカメラには教室で授業を受ける生徒の様子を撮っています。自宅でオンラインで受けている生徒にもクラスメイトの様子が分かり、モニター越しに生徒同士が交流する姿も見られます。

朝学習 アダプティブ・ラーニング

来年度より朝の時間にアダプティブ・ラーニング=個別最適化学習を実施します。
確認テストを行い、生徒それぞれの解答プロセスや解答内容からその生徒に最適化した演習問題を出題します。これにより、他の生徒と学習スピードに差があったとしても自分のペース、自分が今学ぶ必要のあるものをピンポイントで学習することができます。

ASG 放課後学習プログラム

学習習慣・基礎学力の定着、大学受験への対策(国公立・難関私大・医歯薬系)を目的とした放課後から夜間に掛けて、チューター制の学習指導を行います。
またAI教材である「atama+」を活用し、
学習したい内容の土台となる範囲を洗い出す→理解していない箇所をピンポイントで特定する→正しい順番・方法に基づいた専用がカリキュラムを作成する など、生徒ぞれぞれにあった学習方法を行っています。
※ASGセンター夜間利用に関しては主に寮生が利用します