グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




寄付要項



1. 寄付名称

静岡聖光学院中学校・高等学校 創立50周年記念事業寄付

2. 寄付の目的

創立50周年記念事業に寄与するための寄付です。

3. 記念事業の趣旨

2018年4月に創立50周年を迎える本学では、「カトリック的世界観にのっとり、人類普遍の価値を尊重する人格の形成、あわせて、高尚、かつ、有能なる社会の成員を育成する」 という先達の掲げた建学の精神を教育の根本におき、さらなる50年先の未来へと続くジェントルマンを育てる学び舎でありつづけるため、ソフトとハードの見直しと磨き上げを行います。

① ソフトの磨き上げ  

「地の塩 世の光」を体現する人財になるべく、これからの時代に必要な「思考力」や「表現力」を始めとする諸所の能力育成のために、対話やグループでの学びといった協働学習を行うための、課題解決型学習プログラムを推進していきます。未来に向けて「他人のため」「社会のため」「世界のため」に創造力と行動力を存分に発揮する教育活動を展開してゆきます。

② ハードの磨き上げ

「思考力」「表現力」「創造力」を育むために、情報の収集・加工・再構築を効率的に行い、仲間とのコミュニケーション・協働を通じて最適解を導きだすプロセスを学ぶためのICT環境を整備します。また、建学の理念を体現するために、健全なる心身の成長を図るための生活環境の整備を行います。

4.記念事業の概要

○創立50周年記念創造環境再整備事業
 ・ICT整備事業(校舎・寮における無線LAN構築、ICT機器の増設)
 ・ICT LAB、 ICT LOUNGE 、PIERRE ROBERTHALL の整備
 ・教室、自習室、進路指導室の改修
 ・図書室、理科実験室の改修
 ・職員室の改修
 ・校舎全面再塗装
 ・正門周辺への母子像彫刻等、宗教施設の移転再整備
 ・グラウンド整備事業(2017年3月実施済)
 ・テニスコート整備事業(2015年3月実施済)

創立50周年記念創造環境整備事業イメージ

ICT整備事業(校舎・寮における無線LAN構築、ICT機器の増設)

図書室、自習室、進路指導室、情報室、ICT室、階段教室の改修

理科実験室の改修

グラウンド整備事業(2017年3月実施済)

テニスコート整備事業(2015年3月実施済)

5.寄付目標額

2億円 (申込期間 2017年10月1日~2019年3月31日)

6.寄付金額

ご寄付は、個人、法人ともに一口10,000円からお願いしたいと考えておりますが、
口数・金額にかかわらず有難くお受けさせていただきます。

7.募集の対象

卒業生・在校生及び卒業生の父兄・教職員・法人・団体・一般ご有志の皆様

8.寄付方法

個人

(インターネットで手続きをする方法)
 ⇒ 学校HP内「寄付の方法」ページから、提携先の㈱エフレジが運営する決済代行サービスを利用

 ① クレジットカードでの寄付
 ※学院HP内の寄付の方法ページより、24時間受付。その場で寄付完了。
 金額 1万円以上 

 ② コンビニエンスストアでの支払いによる寄付
 ※学院HP内の寄付の方法ページより、手続をして支払番号を入手後、お近くのコンビニエンスストアにて現金支払い。
 レジにて現金支払。
 金額 1万円以上(上限4万9千円まで)

 ③ ペイジー(インターネットバンキング)での寄付
 ※学校HP内の寄付の方法ページより、ご自分のご契約されているインターネットバンキング
 口座にログインし、お振込みをしていただくサービスです。金融機関の「インターネットバンキング」に口座をお持ちの方はご利用いただけます。
 金額 1万円以上 

(銀行窓口で手続きをする方法) 
 ④ 口座振込での寄付
 ⇒ 同封の寄付申込書にご記入いただき学院までご郵送ください。
 学院指定の振込用紙がお手元にない場合は、併せてご連絡下さい。

 折り返し、振込用紙をお送りいたします。所定の用紙でご寄付いただきますと、静岡銀行・みずほ銀行・郵便局から振込手数料無料でお振込み頂けます。
 ※寄付申込書は、同封の返信用封筒で必ずお送りください。申込書をお送り頂かないと、領収書が発行できない場合があります。

寄付の方法について

寄付の方法の詳細はこちらをご覧ください。

法人

① 口座振込での寄付  
 ⇒ 2通りの寄付方法がございます。
              
 A.受配者指定寄付  
 寄付金全額を損金に算入できます。
 ただし、「日本私立学校振興・共済事業団」を通じてのご寄付となります。
 専用の事業団宛寄付申込書へのご記入が必要となりますので必ずご連絡下さい。
 折り返し、事業団宛申込書と振込用紙をお送りいたします。

 ※寄付申込書は、同封の返信用封筒で必ずお送りください。申込書をお送り頂かないと、受配者指定寄付としての税の優遇措置か受けられない場合があります。

 B.特定公益増進法人に対する寄付
 寄付額を一定の限度額まで損金に算入できます。
 静岡聖光学院へ直接ご寄付いただくため、個人向けと同じく学院宛寄付申込書にご記入いただき学院までご郵送ください。
 学院指定の振込用紙・学院宛寄付申込書がお手元にない場合はご連絡下さい。
 折り返し、学校所定の振込用紙・学院宛寄付申込書をお送りいたします。
 所定の用紙でご寄付いただきますと、静岡銀行・みずほ銀行郵便局から手数料無料でお振込み頂けます。

 ※寄付申込書は、同封の返信用封筒で必ずお送りください。申込書をお送り頂かないと、領収書が発行できない場合があります。

寄付の方法について

寄付の方法の詳細はこちらをご覧ください。

9.寄付に伴う顕彰について

ご寄付いただきました金額に応じて、以下のとおり顕彰させていただきます。
(ご本人が匿名を希望される場合は除く)

【1万円以上のご寄付】 
 ⇒①聖光通信でのご芳名顕彰
【10万円以上のご寄付】
 ⇒②ロバート校長記念碑脇の顕彰版でのご芳名顕彰&①              
【50万円以上のご寄付】
 ⇒③今回工事をおこなった教室の入口にプレートでご芳名顕彰&①・②               
【命名権つきご寄付】
 ⇒④図書室をはじめとする特別教室の命名権を贈与いたします。
各特別教室入口に設置するプレートに命名下さった施設名称とご寄付者ご芳名を記載させて頂きます。&①・②
商標・商号等などは原則禁止とし、学校側と協議のうえ教育施設として適切な名称とします。
内容・金額については、ご相談下さい。
また、個人だけでなくグループ・法人でのご寄付でも結構です。

10.寄付金に関する税の優遇措置

学校法人静岡聖光学院への寄付金は、所得税・法人税の税制上の優遇措置が受けられます。
 ⇒個人の場合、税の還付を活用すると実質6万円ほどの負担で10万円の寄付をすることができます。
 ⇒税額控除は、多くのご寄付者にとって大きな節税効果があります。
 ⇒寄付控除を受けるには、ご寄付者が確定申告をする必要があります。
 ⇒お住まいの自治体(静岡県内)によっては、住民税にも税額控除が適用されます。

優遇措置を受ける流れ

寄付申込書は、必ず同封の返信用封筒でお送り下さい。申込書をお送り頂かないと、領収書が発行できない場合がございます。
 ※ご不明な点や各種証明書・領収書等の再発行などございましたら、静岡聖光学院事務局までお問い合わせ下さい。(事務局:054-285-9136)

☆所得税(個人)

寄付者(納税者)は、確定申告をすることにより、寄付金控除の申請をすることができます。その際に「税額控除」または「所得控除」いずれか有利な方法を選択し、寄付金控除をうけるとこができます。
ほとんどの場合、税率に関係なく所得税額から直接控除をする「税額控除」の方が減税効果は大きくなっています。

A.税額控除  
 (寄付金合計額※1-2,000円)×40%=税額控除額※2

  確定申告時は、税額控除額が所得税額から差し引かれます。
  ※1 その年の総所得金額等の40%に相当する金額が限度となります。
  ※2 控除額は、所得税額の25%が限度となります。

  (例) 寄付金が100,000円の場合 課税所得にかかわらず
      税金の減少額  (100,000円-2,000円)×40%=39,200円
      所得税が39,200円減少し、実質負担額は60,800円(100,000-39,200)となります

B.所得控除  
(寄付金合計額※3-2,000円)=所得控除額

  確定申告時は、所得控除額が所得金額から差し引かれ、所得税額が算出されます※4
  ※3 その年の総所得金額等の40%に相当する金額が限度となります。
  ※4 所得税率は、年間の所得金額によって異なります。詳しくは国税庁のHP等でご確認ください。

  (例) 寄付金が100,000円で、課税所得が1000万円(税率33%)場合 
      税金の減少額  (100,000円-2,000円)×33%=32,340円
      所得税が32,340円減少し、実質負担額は67,660円(100,000-32,340)となります

      この場合では、A.税額控除を選択した方が、税金の減少額は大きくなります。

(ご注意ください)
1.静岡聖光学院中学校1年生の保護者の方へ
ご子息がご入学された年の12月31日までの寄付につきましては、原則として「入学と相当の因果関係のあるもの」に該当するとされ、寄付金控除の対象になりません。従いまして、これに該当される保護者の方々には、翌年1月以降に寄付金へのご協力を賜りますよう宜しくお願いいたします。
 2.領収書の日付による控除対象年度
【インターネットによるクレジット・コンビニ・ペイジー決済の場合】
クレジットカード等インターネットによる決裁でお申し込みいただいた寄付金が本学に入金されるまでには、約1~2カ月を要することがございます。そのため、お申し込みが11月以降になりますと領収書の日付が翌年になる可能性があり、その場合は寄付金控除も翌年の対象となりますので、ご注意ください。
※いただいた寄付金は、まず各金融機関から一旦決済代行業者に送金され、その後静岡聖光学院に入金されます。本学で入金を確認後、領収書を発行させていただきます。(本学よりの領収書発行日付は、寄付の申込日ではなく本学に入金された日となります。)

☆住民税(個人) 静岡県内在住の方

確定申告の際に併せて個人住民税の寄付金控除を申告することで、所得税の寄付金控除と併せて、静岡市にお住まいの方は市民税(8%)と県民税(2%)の寄付金控除を、静岡市以外の静岡県内にお住まいの方は県民税(4%)の寄付金控除を受けることができます。市民税につきましては、市町村によって対応が異なります。詳しくはお住まいの市区町村へお問い合わせ下さい。

 静岡市にお住まいの方
 (寄付金額※-2,000円)×( 8%+2% )=税額控除額
 静岡県内(静岡市以外)
 (寄付金額※-2,000円)× 4% =税額控除額
 ※総所得金額等の30%を上限とする

☆法人税(会社)

静岡聖光学院への寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で、当該事業年度の損金に算入することができます。以下の2種類からお選びいただけますが、受配者指定寄付金の制度を利用することで、指定寄付金として全額損金算入することが出来ます。

1. 受配者指定寄付金
 寄付額全額を損金算入できます。「日本私立学校振興・共済事業団」を通じての静岡聖光学院を指定したご寄付となりますので、専用の申込書、振込用紙が必要となります。事前にご連絡ください。

2. 特定公益増進法人に対する寄付
 寄付額を一定の限度額まで損金に算入できます。静岡聖光学院へ直接ご寄付いただくため、個人向けと同じ振込用紙や振込口座をご利用いただけます。


<個人情報のお取り扱いについて>
静岡聖光学院中学校・高等学校では、プライバシー保護のため、個人情報の取扱いに関して「静岡聖光学院 個人情報保護方針」を定め、適正な管理を行う事に努めております。
今回ご寄付にあたり皆さまからお預かりする個人情報は、寄に付関わる手続き以外の用途には使用致しません。ただし、学院に対する個人の寄付は、所得控除や税額控除といった税制上の優遇措置が講じられています。これにより、お預かりした個人情報を文部科学省や地方自治体に提供する場合がございます。また、当法人の①役員②役員と親族関係を有する方、③役員と特殊の関係にある方からの寄付の情報は、条件によって閲覧に供する場合がありますので、詳細についはお問い合わせください。
尚、ご寄付をいただいた方への謝意を表すため、金額に応じて、聖光通信や顕彰板等に掲載させていただく予定です。匿名をご希望される場合は、お申し出ください。

<その他>
2019年3月に創立50周年記念式典の催行及び記念誌の発行を予定しております。

11.お問い合わせ

学校法人静岡聖光学院 事務局
住所:〒422-8021 静岡県静岡市駿河区小鹿1440
電話番号:054-285-9136
E-mail:seiko@siz-seiko.ac.jp