グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




理事長挨拶


 静岡聖光学院は、学校設立の起源に誇りを持っています。創立50周年にあたり、過去の歴史と当時の創立者たちがこの学校に思い描いた希望、願った目標を思い起こすことが重要です。彼らに感謝するとともに、現在の校長、教職員、生徒たちが直面している新しい状況に適応するための新しい方法を積極的に取り入れていきたいと考えています。
 創立者故Br.ピエール・ロバートの方針に沿って生徒たちを教育し、カトリック学校としてキリスト教の価値観を生徒たちに教え、授けるため、考えられる最良の指導をする道を求めて、未来を見据えて立ち向かっていきます。
 人口減少が私たちの学校経営に影響を与えていることは、理解しています。同時に、私たちが私たちの価値観に忠実で、そして、学校がいつも生徒たちのことを念頭に置くよう努力することで、教育機関として存続するに留まらず、静寂な丘の上に堂々と光り輝き続ける学校となることができるだろうと考えています。
 これまでの皆様の数々のご尽力に感謝すると共にこれからも静岡聖光学院をよろしくお願いします。

平成29年10月吉日
学校法人 静岡聖光学院 理事長  ミシェル・ジュトラ