グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




よくある質問


領収書・振込用紙・手数料などについて

Q.クレジットカードで寄付しましたが領収書が届きません。

A.クレジットカード決済・コンビニ決済・ペイジー決済の場合、領収書は、決済代行業者から静岡聖光学院へ入金された後にお送りいたします。そのため、お手続き完了日より1~2ヶ月を要する事がございます。2カ月を過ぎても届かない場合は、大変お手数ではございますが静岡聖光学院事務局までご連絡ください。なお、領収書発行の日付は、お手続き完了日ではなく、寄付金が本学に入金された日となります。11月以降にご寄付いただく際は、領収書発行の日付が翌年になることがあります。その場合は、寄付金控除も翌年の対象となりますのでご注意ください。

Q.領収書を紛失してしまいましたが、再発行できますか?

A.はい。領収書の再発行は可能です。ただしその際には、「再発行」と記入されますのでご了承ください。また再発行した時点で、紛失された領収書は無効となりますので、紛失された領収書が見つかった場合には、破棄していただくようお願いいたします。

Q.振込用紙が手元にないので送ってほしいのですが。

A.静岡聖光学院事務局に電話(054-285-9136)、またはE-mail(seiko@siz-seiko.ed.jp)でご請求ください。

Q.振込手数料はかかりますか。

A.学校所定の振込用紙をお使いいただいた場合には、振込手数料はかかりません。F-REGIシステム(クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easy)をご利用いただいてのお支払いでも手数料はかかりません。

優遇措置(寄付金控除)について

Q.寄付金控除を受けるには何が必要ですか。

A.本学発行の「寄付金領収書」と「証明書(写)」が必要です。学院よりお送りいたしますので、寄付をしていただいた翌年の申告期間に、所轄税務署にて確定申告を行って下さい。なお法人の受配者指定寄付の場合には、日本私立学校振興・共済事業団発行の「寄付金受領書」を学院よりお送りさせていただきます。 

Q.2,000円以下の寄付の場合、寄付金控除は受けられますか?

A.年内(1月から12月)の寄付金総額が2,000円以下の場合は、寄付金控除が受けられませんが、1回の寄付金額が2,000円を超えていなくとも、複数の寄付を行った結果、その累計額が2,000円を超えていれば、寄付金控除を受けることが可能です。

Q.昨年も静岡聖光学院に寄付をしたのですが、昨年分の確定申告の際、寄付金控除の手続きを忘れてしまいました。改めて申告できますか?

A.1年間であれば、さかのぼって申告することができます。なお、住宅取得等特別控除などの確定申告を一切していない方は、過去5年間までさかのぼって申告できます。詳細は、最寄りの税務署にお問い合わせください。

その他

Q.寄付は任意ですか?静岡聖光学院への入学を考えていますが、寄付をしないと入学等何か影響がありますか?

A.寄付金は任意です。金額の多寡や寄付をしなかったことによる、お子さまの成績や学校生活等への影響は一切ございません。

Q.寄付申込書や学校所定の振込用紙に匿名希望を記入する欄がありますが、匿名にしないとどうなるのでしょうか?

A.静岡聖光学院ではご寄付者のご芳名を、感謝の意を込めて、聖光通信や校内に設置される顕彰板などにご芳名を顕彰させていただきます。       
ただし匿名を希望される方のご芳名は公表いたしません。

Q.この機会に母校の近況や最近の学生たちの日常を知りたいのだが?

A.本学では学校HPだけでなく、学校・生徒寮のFacebookページをそれぞれ作っており、直近の学生生活のリアルをアップしています。学校HPよりリンクが張られていますので、この機会に数多くの方にフォローしていただき、一人でも多くの同窓生が50周年を共有していただくとともに、後輩たちへの熱いエールをお願いいたします。