グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  創立50周年記念事業 聖光の未来を創る >  創立50周年記念事業 実行委員会委員長 挨拶

創立50周年記念事業 実行委員会委員長 挨拶


多くの人々がこの小鹿の丘に集い、出会い、切磋琢磨し、巣立ち…今、半世紀が過ぎようとしています。
その半世紀で学校を取り巻く環境は激変しました。静岡県の小学校6年生人口は半減し、本校の生徒も半減しました。どの学校も難しい学校経営に取り組んでおられますが、本校も例外ではありません。
しかし先生方、同窓生、保護者の皆様の聖光への愛情、教育への情熱は決して色褪せることはありませんでした。苦しい状況の中、関係者の皆様は校章に灯る篝火を消さぬように、新しい挑戦を重ねてこられました。そして本校の伝統は守られ、多くの人材がそれぞれの世界に輩出され、地の塩となって活躍しておられます。
そして我らが母校はこの半世紀を節目と位置づけ、また新しい挑戦を始めます。「創立50周年記念事業」は未来を担う人材を育てるという強い使命感と希望から生まれた尊いプロジェクトです。どこかの真似ごとではなく、長年独自に培われた教育手法を進化、深化させ、小鹿の丘から世界に向けて羽ばたく「骨太なジェントルマン」を輩出するための偉大なる挑戦です。
この地にとってかけがえのない唯一無二の「わが命よるアカデミア」が次の半世紀も光り輝き続けるため、未来を築く50周年記念事業を支援し実現するため、どうか多くの皆様のお力添えと、神様のご加護を賜り、必ずや記念事業を成功させたく存じます。皆様方のご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

創立50周年記念事業 実行委員会 実行委員長 川井敏行